夫婦で薬剤師

夫婦で薬剤師

ドラッグストアで働いていて気になったことや勉強したことを奥さんと書いていきます。

セルフメディケーション税制 意外と知らない?

f:id:FMyakuzaishi:20191121000111p:plain

今日はセルフメディケーション税制についてです。

ドラッグストア勤務としては知っておいて損はないと思いますので、勉強がてらにまとめていきます。

 

 

セルフメディケーション税制って?

厚生労働省のお言葉を引用しますと

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができうるもの。

とされています。

簡単に言うとドラッグストアで薬を買って、自らの健康を管理している人は税金が返ってきたり減額されますよっていう制度。まぁざっくりと。

 

では、その概要を見ていきましょう。

 

概要

1月1日〜12月31日の間で購入した特定の成分を含んでいるスイッチOTC医薬品の合計金額が12000円超える場合はその超える部分の金額について、総所得金額等から控除します。(超えた部分の金額が88000円超える場合は88000円分)

 

 ただし適用を受けられる方は条件があります。

①健康保険組合などが実施する健康診断などを受けているか

②市町村でやっている健康診断を受けているか

③予防接種をしているか

④メタボ検診や特定保険指導など受けているか

⑤市町村が行なっているがん検診を受けているか

まぁ言うなれば健康診断を受けているかどうかですね(引用の健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人のことを指します)

これは会社勤めの方はほとんどの方が受けさせられると思いますし、この対象は申告される方が当てはまっていればいいので配偶者その他親族の方もほぼほぼ当てはまってくると思います。 

 

対象の薬って?

では、どういった薬が対象となるのか。僕が最初にこの制度の名前を聞いた時にセルフメディケーションって言うぐらいだから全部の市販薬が対象と思っていました笑

 

でも違うんですね〜。

概要でも触れましたがある特定の成分を含んでいるOTC医薬品なのです。

↓成分一覧表はこちら

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000502148.pdf

※厚生労働省のHPより

 

いやいや…一般の人は成分表見せられても…ってなりますよね。

でも安心してください。店頭に行ったら一目でわかる方法があります。

それは市販薬の箱にあるマーク?がついています。

↓こんなん

f:id:FMyakuzaishi:20191120230555p:plain

たいてい表面の端っこらへんに付いているので探してみてください。

 

医療費控除orセルフメディケーション税制?

医療費控除とセルフメディケーション税制はいずれか一方しか適用することはできません。

 

医療費控除とは

病院などで支払った金額が1年で10万円を超えると受けられます。

 

どちらを適用したほうが得なのかは計算してみないと分かりませんが、どちらも適用される金額を超えている場合は計算をしてみて得な方を選択しましょう

 

まぁセルフメディケーション税制は医療費控除の特例であって、医療費控除を受けられない方の救済処置みたいなものですから、2つとも超えるって言うのは稀かもしれませんね。

 

その他

•領収書は残しましょう

確定申告する時は当たり前ですが、必ず支払った証明が入りますので必ず残しましょう。セルフメディケーション税制の場合はレシートですね。

 

•健康診断を受けた際はその証明をもらいましょう

セルフメディケーション税制の対象である健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人を指す健康診断ですが、受けたと言う証拠が必要ですので必ず証明書を書いてもらって、保管しておきましょう。

 

•スイッチOTCってなんや?

スイッチOTC. スイッチOTCとは、医療用医薬品として用いられた成分が、OTC医薬品に転換(スイッチ)された医薬品のことです。

例えばロキソニンSとかアレグラFXとかですね。

 

 

 

とまぁざっくりまとめるとこんな感じですね。

この税制は2017年から始まったものなので、まだまだ認知はされていないと思います。国としても医療費を抑える目的でかなり推していますので、この記事を読まれた方はこの機会に一度目を傾けてみてはいかがでしょうか。