薬局薬剤師FMの備忘録

薬剤師えふえむの勉強ノート

主に勉強のこと。合間に日記も!

アレグラFXジュニア

f:id:FMyakuzaishi:20180528011522j:image

市販薬で売られている花粉症やハウスダストによるアレルギー症状を緩和するアレグラFX。

 

このアレグラFXはあの国民的アイドルが宣伝している、抗ヒスタミン薬の中でも眠くなりにくい、口が乾きにくいことが特徴的な人気な商品。

 

ただこのアレグラFXは15歳以上の方しか服用ができなかったが、最近、子供用に使える(7〜14歳)アレグラFXジュニアが発売されました。

 

このアレグラFXジュニアはなんと病院などで子供用で処方されるアレグラと同用量配合されているので病院に行って処方箋を発行してもらわなくても購入できるという。

 

毎年、花粉症で悩まれてる子供さんは便利になりますね。

 

だがしかし…

このアレグラFXジュニア、要指導医薬品になるんですよね…

 

何が言いたいかって言うと

要指導医薬品は本人にしか販売できないんです。

 

アレグラFXジュニアの対象年齢は7〜14歳。

 

2年近く働いていますが薬局で買える薬を子供さんだけで買いに来られる方は今まで見たこともないですね。

ほとんどは親御さんが買いに来てます。

 

この前こんなことがありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母親客「アレグラの子供用が買えるって聞いたから、買い物ついでに来てん〜。病院行かんでも買えるから便利なったもんやな〜」

「申し訳ございません。実はこの商品、要指導医薬品という分類になってまして、本人様にしか売れないことになっているんですよ。書面での説明をすることになってるんです…」

母親客「えっ!子供連れて来ないとダメなんですか!?薬は私が管理するのに!?」

「はい…。そういう法律になっていまして…。なんとももどかしい話です…」

母親客「せっかく買えると思ったのに…。今度子供連れてくるわぁ」

「申し訳ございません…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大人用のアレグラFXは第2類医薬品ということもあり、薬剤師通さなくても購入できるイメージがついちゃってるから子供用のも普通に購入できると思って買いに来られる方がたくさんおられるでしょうね〜

 

ぜひ、アレグラFXジュニアのお求めの場合はお子さん同伴でよろしくお願いします…