薬局薬剤師FMの備忘録

薬剤師えふえむの勉強ノート

主に勉強のこと。合間に日記も!

吸入液 ネブライザー

そういえば喘息に治療に使われるメプチンやインタールの吸入液はネブライザを使って、吸入するが、どんなものがあるのかよく分かってなかったので、少し調べて見た。

 

 

ネブライザー 種類

◆コンプレッサー(ジェット)式ネブライザ

薬剤に対して加圧したジェット気流を吹き付けることによってエアゾルを発生させる。イメージは霧吹き。エアゾルの粒子サイズは1〜5μmと薬剤粒子の大きさとしては理想的なサイズ。

f:id:FMyakuzaishi:20180216223402p:imagef:id:FMyakuzaishi:20180216223549p:image

◆メッシュ式ネブライザ

ホーン振動子によりエアゾルを発生させる。ゾルの平均サイズは5μm。いちばんの特徴は傾けても使用できることから寝たきりの患者や小児に使いやすい。

 f:id:FMyakuzaishi:20180216223451p:imagef:id:FMyakuzaishi:20180216223919j:image

◆超音波式ネブライザ

超音波による振動によりエアゾルを発生させる。1μm前後と、とても小さいため、薬剤の多くが終末細気管支・呼吸細気管支・肺胞まで到達する。それにより、肺胞でのガス交換を傷害させてしまう可能性がある。また薬剤が変性してしまう可能性もあるため、あまり推奨されていない。

 f:id:FMyakuzaishi:20180216223504p:imagef:id:FMyakuzaishi:20180216223659p:image

 

適した薬剤

f:id:FMyakuzaishi:20180216224815j:image

参照:https://store.healthcare.omron.co.jp/nebulizer-net/medical/medicine/index.html