薬局薬剤師FMの備忘録

薬剤師えふえむの勉強ノート

主に勉強のこと。合間に日記も!

吐き気どめの薬〜ナウゼリンとプリンペランの違いについて〜

わたしの賃金安すぎ

後輩「ナウゼリンとプリンペランの使い分けってあるんですか?」

 

私も1年目の時に同じことを思ったことがあって思わずにんまり(笑)

今日はナウゼリンとプリンペランの違いについて簡単にまとめます。

 

 

作用機序

ナウゼリンとプリンペランはどちらともドパミン2(D2)受容体遮断薬に分類されます。D2受容体は消化管や脳に存在してます。

 

吐き気のメカニズム

吐き気が起こる要因としてはいくつかありますが、最終的には脳の延髄にある嘔吐中枢化学受容器引金帯(CTZ)が刺激されることで吐き気が引き起こされます。

◆CTZ

CTZにはD2受容体やセロトニン5-HT3受容体が存在し、ドパミンやセロトニンなどの神経伝達物質やモルヒネなどの薬物で刺激を受けると、そのまま直接嘔吐中枢に伝わる、

◆耳の前庭部

前庭に存在するヒスタミン受容体やムスカリン受容体が乗り物酔いなどの刺激を受けることで

CTZや嘔吐中枢に伝わる。

◆消化管

消化管のD2受容体やセロトニン5-HT3受容体が刺激されると迷走神経を介して、CTZや嘔吐中枢に伝わる。

◆大脳皮質

ストレスやトラウマなどの精神的要因で刺激を受け、嘔吐中枢に伝わる。

◆物理的刺激

脳出血や脳浮腫などで脳圧が上がることで直接嘔吐中枢を刺激する。

 

ナウゼリンとプリンペランはD2受容体を遮断し嘔吐中枢への刺激を抑制することで吐き気を改善させます。

 

ナウゼリンとプリンペランの違い

大きな違いは脳に行きやすいか行きにくいかの違いです。言い換えると血液脳関門(BBB)の透過性の差です。

 

〜使い分け〜

◆ナウゼリンはBBBを通過しにくいことから、胃腸のトラブルや喉や舌などの刺激によって起こる末梢性の吐き気に使われます。プリンペランも末梢性の吐き気に効果はありますが、ナウゼリンのメリットとして、脳に行きにくい事から錐体外路症状や乳汁分泌などの副作用が起きにくいことが挙げられます。なのでパーキンソン病患者への吐き気止めにも効能があります。

◆プリンペランはBBBを通過しやすいことから、精神的な要因や薬の副作用、つわり、アルコールなどの薬物やホルモン、三半規管の異常によって起こる中枢性の吐き気に使われます。メリットとしては末梢性、中枢性どちらにも効く事から効能が広いことが挙げられます。

 

補足

※ちなみにCTZにはBBBが存在しないためナウゼリンでも一部の中枢性の吐き気にも効果はある。

※一般的に妊娠中にはプリンペラン、授乳中にはナウゼリンが推奨される。

※ナウゼリン、プリンペランどちらも消化管出血患者には禁忌。

 

 

この違いを知っておくだけでどういった患者さんなのか、ある程度想像できますね!