薬局薬剤師FMの備忘録

薬剤師えふえむの勉強ノート

主に勉強のこと。合間に日記も!

風邪の時の漢方薬の選び方〜研修〜

風邪を引いた時の漢方薬の選び方も昨日学んで来たので、まとめます。

 

東洋医学では「かぜ」とは病邪が体の外から侵入するきとによって起きる病気

かぜを引き起こす原因となる邪は

「風邪」+「寒邪」「熱邪」

 

漢方薬の選び方は①かぜのタイプ、②かぜの経過時期で選ぶ

①かぜのタイプ

風寒のかぜ:背中や首がゾクゾクする寒気からくるかぜ

風熱のかぜ:喉の痛みからくるかぜ

②かぜの経過時期

ひきはじめ:さむけ、喉の痛み、鼻水

ピーク時:熱が出る、喉が腫れる、激しい咳や痰

こじれた時:咳や痰、下痢や食欲不振、全身倦怠感

 

f:id:FMyakuzaishi:20171119221309j:image 

f:id:FMyakuzaishi:20171119225253j:image

※クラシエ薬品株式会社 様 参照

 

選ぶ時のポイントは

①寒気があるかないか

②いつからかぜをひいているか

これを把握していれば大まかに選べるかと思います。

 

 

以下それぞれの漢方薬の特徴

 

・葛根湯

効能

感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

このような方に

背中がゾクゾクする、かぜのひき始めに

かぜをひいて、首や肩がこる方に  

飲み方

しょうが湯や白湯など体を温める飲み物

 

・麻黄湯

効能

感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり

このような方に

背中がゾクゾクするかぜのひき始めに

節々の痛みがある方に

発熱・さむけが強い方に

飲み方

しょうが湯や白湯など体を温める飲み物

※体を温める効果は葛根湯より上

胃腸に負担をかけるので基本「頓服」。予防としては使わない

 

・小青竜湯

効能

気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

このような方に

水様性の鼻水が止まらない方

アレルギー性鼻炎に

眠くならない鼻炎薬をお探しの方

飲み方

ホットレモンなど酸味があり体を温める飲み物

 

・柴胡桂枝湯

効能

胃腸炎、かぜの中期から後期の症状

このようなかたに

かぜによる吐き気、食欲不振に

微熱が続き、スッキリしない時に

飲み方

常温の水

※ノロウイルスのようなウイルス性の胃腸炎による吐き気にも効果あり

 

・銀翹散

効能

かぜによる喉の痛み、口(喉)の渇き、咳、頭痛

このような方に

かぜのひき始めで喉が痛む方に

寒気はなく、熱感症状がある方に

トローチなど買い求める人に

飲み方

常温の水、薬剤を口に含み、ゆっくり喉を通すと効果的

※けっこうまずい

 

・五虎湯

効能

咳、気管支喘息、気管支炎、小児喘息、感冒、痔の痛み

このような方に

激しい咳が出る

黄色く粘っこい痰が出る

体が温まると咳き込む方

飲み方

常温の水

 

・麦門冬湯

効能

空咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、しわがれ声

このような方に

かぜの後、咳だけ長引く時に

空咳、年配の方に

乾燥した部屋にいると咳き込む方に

飲み方

常温の水

※五虎湯と麦門冬湯の使い分け

お風呂に入った時に咳がひどくなる人は五虎湯

逆の場合は麦門冬湯

 

 

 

漢方薬は苦手なんですが、今回の勉強会でちょっぴり自身がついたような気がします(笑)