薬局薬剤師FMの備忘録

薬剤師えふえむの勉強ノート

主に勉強のこと。合間に日記も!

泌尿器系

前立腺肥大症に抗コリン薬って使うの?~後編~

昨日の続きです。 www.fmyakuzaishi.com 今日は朝一に出勤をして昨日の話をもう一度Drに電話してみました。 その内容がこちらです。 僕「おはようございます。昨日の処方疑義の件で少し確認させていただきたいことがありましたので、お電話させていただいた…

前立腺肥大症に抗コリン薬って使うの?~前編~

経緯 前立腺肥大症に対してα1遮断薬と抗コリン薬の併用治療は推奨されるのか? 【要約】 冒頭部分の引用 禁忌の違い どちらにせよ 経緯 今日はこんな処方がやってきました。 【外科】 アズノール軟膏 5本 ブスコパン錠 1錠 1日1回 朝食後 14日分 併用…

アボルブカプセル 一包化しても大丈夫??

今日びっくりしたことを一つ。 とある病院さんの処方で一包化処方をされている患者さんが来られました。 事務さんが処方箋の入力を終え、僕にバトンタッチ。 どうやらずっとDo処方(定期処方)の方のようで。 僕「あぁDoの処方かー、中身はなになに…あ…アボ…

夜尿症治療薬

よく子供に出ているイメージのミニリンメルト 作用機序 効能・用法用量 ◆ミニリンメルトOD錠 ◆デスモプレシン点鼻液 ◆デスモプレシンスプレー 作用機序 ◆ミニリンメルトOD ◆デスモプレシン点鼻液、スプレー 最後に 作用機序 脳下垂体から分泌される体内で尿…

排尿障害治療薬〜副交感神経刺激薬〜

コリン剤とコリンエステラーゼ阻害 作用機序 薬剤 □コリン剤 ◆ベサコリン(ベタネコール) □ChE阻害薬 ◆ウブレチド(ジスチグミン) ◆ワゴスチグミン(ネオスチグミン) 服薬指導 作用機序 コリン剤は筋肉の収縮運動を引き起こす物質、アセチルコリンと同様の作用…

透析って?

2週間に1回、人工透析患者の方々が来局してくださるので、病態の整理をば 透析って? 腎臓が悪くなると ◆老廃物が溜まる ◆腎臓に関わるホルモンの産生及び活性の低下 ・ビタミンDの活性化 ・エリスロポエチン産生 ・レニンの分泌 ◆イオンバランスの崩れ 薬の…

頻尿治療薬

平滑筋弛緩薬 ◆ブラダロン(フラボキサート) 抗コリン薬 ◆ポラキス、ネオキシテープ(オキシブチニン) ◆バップフォー(プロピベリン) ◆デトルシトール(トルテロジン) ◆ベシケア(ソリフェナシン) ◆ウリトス、ステーブラ(イミダフェナシン) ◆トビエース(フェソテ…

α1受容体遮断薬 特徴

α受容体遮断薬について 作用機序・特徴 薬剤別 種類 ◆ハルナール(タムスロシン) ◆フリバス(ナフトピジル) ◆ユリーフ(シロドシン) ◆バソメット(テラゾシン) ◆エブランチル(ウラピジル) ◆ミニプレス(ブラゾシン) 服薬指導・注意点 作用機序・特徴 交感神経に…

泌尿器系の薬

今回は泌尿器系の薬について まずは泌尿器系の疾患についてざらっと… また薬剤別にまとめていこうかと思いますー 泌尿器・疾患 疾患別 薬剤 種類 ◆前立腺肥大症治療薬 □α受容体阻害薬 □抗アンドロゲン薬 □植物製剤 □5α還元酵素阻害薬 □ホスホジエステラーゼ5…

サイアザイド系 利尿薬 特徴

作用機序・特徴 サイアザイド薬 ◆フルイトラン(トリクロルメチアジド) ◆ヒドロクロロチアジド「トーワ」(旧:ニュートライド) ◆べハイド(ベンチルヒドロクロロチアジド) サイアザイド類似薬 ◆ナトリックス(インダパミド) 作用機序・特徴 尿細管における遠位尿…

K保持性利尿薬 特徴

作用機序・特徴 薬剤別・種類 ◆アルダクトンA(スピロノラクトン) ◆セララ(エプレレノン) ◆トリテレン(トリアムテレン) 作用機序・特徴 遠位尿細管と接合集合管のアルドステロン依存性Na-K交換部位でアルドステロンの作用に拮抗し、Naの再吸収とK分泌を阻害し…

ループ利尿剤 特徴

作用機序・特徴 薬剤別・種類 ◆ラシックス(フロセミド) ◆ルプラック(トラセミド) ◆ダイアート(アゾセミド) まとめ? 作用機序・特徴 ヘンレ・ループ上行脚において、Na/K/2Cl共輸送を阻害することによりNa+とCl-の再吸収を抑制して、強力な利尿効果を示す。 …